山口なつおOFFICIAL SITE

メニュー

FacebookTwitterLINE

活動レポート

ホーム活動レポート

活動レポート一覧

2018.02.21ブログ「本音でズバッと」
首相の「出席」判断、正しかった
ピョンチャン五輪での日本選手の活躍が目覚ましい。2桁のメダル獲得は過去最高の快挙だ。 なかでも、男子フィギュアスケートの羽生結弦選手の金メダルは、66年ぶりの2連覇達成という偉業である。わずか3ヶ月前に、練習中に足を痛めた時は「もう五輪は無... もっと読む
2018.03.13ブログ「本音でズバッと」
被災地に勇気 人間性への栄誉賞
羽生選手に国民栄誉賞検討 安倍晋三首相は2日、韓国・平昌(ピョンチャン)冬季五輪のフィギュアスケート男子で金メダルを獲得した羽生結弦選手への国民栄誉賞授与を検討するよう指示した。 何しろ、この種目でソチ五輪に続く「2連覇」は、66年ぶりの快... もっと読む
2018.02.07ブログ「本音でズバッと」
トランプ政権の対北姿勢は明確
平昌五輪を「平和と安定」を築き上げる好機に いよいよ、韓国・平昌(ピョンチャン)冬季五輪の開会式が9日、行われる。長野以来20年ぶり、今世紀初のアジアでの冬季五輪となる。 折から、朝鮮半島情勢の緊迫が続くなか、韓国において、北朝鮮選手も参加... もっと読む
2018.01.24ブログ「本音でズバッと」
経済成長の布石を打つ3つの取り組み
通常国会が22日召集された。24日からの各党代表質問を皮切りに、安倍晋三首相が年頭に、「働き方改革国会」と銘打った論戦のスタートである。 東京株式市場では先週18日、日経平均株価が一時2万4000円を上回った。政府の「月例経済報告」は翌日、... もっと読む
2018.01.10ブログ「本音でズバッと」
慰安婦問題「文政権は賢明な振る舞いを」
夕刊フジの読者の皆様、明けましておめでとうございます。今年もズバッと切り込みますので、よろしくお願いします。 元旦は穏やかな晴天に恵まれ、東京・葛飾区のわが家から初日の出を見ることができた。さえぎるものがない朝日のまぶしさは、全身にエネルギ... もっと読む
2016.09.14ブログ「本音でズバッと」
中南米3カ国を公式訪問
経済、人道、和平協力の意義 〜平和外交のウィング広げる旅になった〜 去る8月30日から9月8日まで、パナマ、コロンビア、キューバの中南米3カ国を初めて公式訪問した。折からパナマは拡張した新運河が今年開通し、コロンビアは政府と反政府ゲリラが和... もっと読む
2012.05.14政策実績レポート
世界を取り巻く対人地雷の現状
地雷の除去が国際的に議論されるようになり、1997年12月には、「対人地雷全面禁止条約」が調印された。しかし、全世界の埋設地雷は、1億1千万個(国連推計)ともいわれ、年間2万5千人(20分に1人)がその犠牲となっています。 もっと読む
2012.05.13政策実績レポート
対人地雷廃絶にむけた現在までの取り組み
1997年12月、日本は公明党が強く主張してきた対人地雷禁止条約(オタワ条約)に署名。公明党は、資金援助に終わらず、日本の技術力を活かした貢献、さらに政府・民間・ボランティア団体の人的支援も応援してまいりました。 もっと読む
2012.05.11政策実績レポート
地雷除去支援を前進させた国会質問
国会での質問を通して、積極的に地雷除去支援を政府に働きかけてきました。地雷除去機・探知機は、「武器である」との認識で海外への持ち出しが禁じられていましたが、輸出が可能となった政府見解の変更も、山口なつおの国会質問によるものでした。 もっと読む
2012.05.10政策実績レポート
アフガニスタンに見る国際貢献のあり方
アフガニスタンでの紛争終結後の2001年から、日本は国際社会の一員としてODAによる支援を積極的に行ってきました。公共インフラの整備から地雷の除去、また元軍人の職業訓練に至るまで多岐にわたります。 もっと読む