公明、先見据え政策実現

来春統一選の前哨戦 
茨城県議選に断固勝利

土浦市で山口代表 八島氏必勝訴え

IMG_5112.jpg

山口なつおは13日夜、茨城県土浦市で開かれた時局講演会に駆け付け、来年の統一地方選、参院選の前哨戦となる茨城県議選で、大激戦の土浦市選挙区(定数3)に挑む八島いさお県議への絶大な支援を呼び掛けました。

会合には、来賓として大井川和彦県知事や中川清市長も出席し、国民目線で政策提言を行う公明党の役割などを強調しました。

IMG_5094.jpg

山口なつおは、小中学校の普通教室へのエアコン設置費や学校のブロック塀対策などを盛り込んだ2018年度補正予算が7日に成立したことに触れ、「災害時の避難場所になる体育館にもエアコン設置を進めたい。通学路のブロック塀も点検・改修すべきだ」と力説。

国会議員と地方議員の強固なネットワークを生かし、こうした取り組みを進めていく考えを示しました。その上で、国民の命と生活を守るため、「常に一歩先を見据えて、政策実現に取り組んでいるのが公明党だ」と訴えました。

IMG_5091.jpg

来年10月に消費税率を10%に引き上げる意義について山口は、将来の社会保障制度の安定などに重要な役割を果たすと強調。一方で、家計の負担を軽減するため、軽減税率を円滑に実施するとともに、消費の落ち込みを防ぐためのプレミアム付き商品券を検討すべきだとの考えを示しました。

IMG_5115.jpg

八島県議は、日本有数の長さを誇るサイクリングロード「つくば霞ケ浦りんりんロード」整備や、土浦駅に直結したサイクリング客向けの拠点施設「りんりんスクエア土浦」の開設などの実績に触れ、「魅力あふれる茨城の発展に力を尽くす」と決意を述べました。

土浦市選挙区は定数3に対し、公明現職の八島いさお氏、自民2現職、無所属新人の4人が出馬を表明。自民現の1人は確実で、もう1人も圏内入り。残る1を八島氏と革新系無所属新で激しく争う。ここにきて無所属新が支持を伸ばし、情勢は緊迫。このままでは、八島氏は圏外にはじき飛ばされかねない。勝利には圧倒的な支持拡大が欠かせません。

経済発展へ協力を強化

アフリカの国連代表と懇談

IMG_5043.jpg

山口なつおは13日、衆院第1議員会館で、来日しているカメルーン、ウガンダ、エジプトのアフリカ3カ国の国連常駐代表一行の表敬を受け、懇談しました。これには三浦信祐、高瀬弘美の両参院議員が同席。

IMG_5054.jpg
山口代表は、公明党が「人間の安全保障」の理念を重視して、対人地雷の除去活動の支援などに尽力してきたことを強調。アフリカが感染症の拡大や気候変動など多くの課題を抱えてい
る現状にも触れ、「課題を克服するために経済発展も支援したい」と語りました。

IMG_5051.jpg
カメルーンのトモ・モンテ国連常駐代表は、公明党や日本の国際貢献に敬意を表し、「日本との協力を強めていきたい」と述べました。

IMG_5033.jpgIMG_5032.jpg

核廃絶への努力 共に

NGOなど出席 保有国の言動に懸念

IMG_4974.jpg

公明党核廃絶推進委員会と青年委員会は12日夕方、参院議員会館で合同会議を開きました。これには広島、長崎の両県本部の公明議員や核廃絶に取り組む非政府組織(NGO)も参加。

冒頭、あいさつした山口なつおは、核保有国側で核軍縮の流れに反する言動が見られることに懸念を表明し、「核の不拡散、核軍縮を実現する努力を共に重ねていきたい。皆さんの意見もいただきながら、この会議の役割をさらに高めたい」と述べました。

IMG_4978.jpg

さらに、1日に国連総会第1委員会(軍縮)で採択された日本提出の核兵器廃絶決議案に言及。核保有国に核軍縮を促す核拡散防止条約(NPT)第6条に関する記述が改めて明記されたことなどに触れ、「日本は毅然と唯一の被爆国である立場から、核のない世界を叫ぶ責務だけでなく、権利もあることを強く自覚し、粘り強く国際社会に訴えなければならない」と強調しました。

IMG_4977.jpg

合同会議では、同決議案や、14日から長崎市で開催される第3回「賢人会議」などについて意見交換しました。

幼児教育 無償化が前進

消費税対策、家計負担を緩和 
高木氏の国政報告会

IMG_4985.jpg

山口なつおは12日、都内で開催された高木陽介国会対策委員長の国政報告会に出席し、来年10月に消費税率を10%に引き上げる目的について、「社会保障を支える大きな柱として、幼児教育の無償化などが前進する」と強調しました。

その上で、消費税率引き上げによる家計負担を和らげる必要性を指摘。具体策としては、軽減税率の実施に加えて、駆け込み需要と反動減を抑えるための住宅や自動車の購入支援のほか、プレミアム付き商品券を検討すべきだとの認識を示しました。

IMG_4988.jpg

高木氏は、国対委員長として与野党の合意形成に尽力し、「国民生活に、その成果が反映できるよう取り組む」と語りました。

重要法案 成立へ結束

入管法、漁業法改正、日欧EPA承認 
「補正」早期執行で復興加速を 
政府に訴え

IMG_4965.jpg

政府と自民、公明の与党両党は12日昼、首相官邸で連絡会議を開き、きょう衆院で審議入りする、外国人労働者の受け入れ拡大に向け新たな在留資格を設ける出入国管理法(入管法)改正案など重要法案の会期内成立へ、一致結束して取り組む方針を確認しました。

席上、公明党の山口なつおは、入管法改正案や、日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)の承認案、適切な水産資源の管理に向けた漁業法改正案などの国会審議について、政府に対し「分かりやすい説明と誠実な答弁に徹してもらいたい」と要請しました。

その上で、入管法改正案の国会審議では、「具体的な課題に即して、さまざまな角度から議論を深めたい。外国から迎え入れる人材の人権を尊重しながら、国民と共生できる社会をめざして十分な議論を尽くしたい」と力説。安倍晋三首相は「国民の理解をいただけるよう丁寧な説明を心掛けたい」と述べました。

相次いだ大規模災害の復旧・復興に向け7日に成立した2018年度補正予算に関して山口は、「自治体と連携を図り、速やかな執行に万全を期してもらいたい」と要望。安倍首相は、補正予算の早期執行で被災者の生活・なりわい再建を支援していくとともに、「全国小中学校の普通教室へのエアコン設置も来年夏に間に合うよう全力を尽くす」と述べました。

来年10月の消費税率10%への引き上げに伴う駆け込み需要と反動減を抑える対策について山口なつおは、「経済に影響を及ぼさないよう、あらゆる施策を総動員すべきだ」と指摘。具体策については、「党として政府に提言し、政府・与党で決定したい。年内の早い段階で周知できるよう配慮をお願いしたい」と訴えました。

一方、安倍首相は、14日から18日の日程で、シンガポール、オーストラリア、パプアニューギニアを訪問し、東南アジア諸国連合(ASEAN)関連首脳会議や、アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議などに出席すると表明。山口代表は「首脳外交が万全に行われるよう与党として努力していく」と語りました。

一歩先見据え政策実現

高橋氏が必勝の決意 
兵庫県本部大会


IMG_4938.jpg

山口なつおは10日、神戸市で開かれた党兵庫県本部大会に出席し、あいさつしました。

山口は、臨時国会で学校のエアコン設置費やブロック塀の撤去・改修費を盛り込んだ補正予算が全会一致で成立したことに触れ「公明党は、普通教室の次は災害時の避難場所になる体育館にもエアコン設置を進め、学校だけでなく通学路のブロック塀も点検・改修すべきと訴え、政府の対応を促している」と指摘。「常に一歩先を見据えて、政策実現に取り組んでいるのが公明党だ」と強調しました。

IMG_4949.jpg

また、山口は来年10月の消費税率引き上げについて、将来の社会保障の安定化などに果たす意義を説明。

その上で、家計の負担を軽減する軽減税率や、消費の落ち込みを避けるために導入を提案しているプレミアム付き商品券などを通して、「日々の生活も希望が湧くようにしたい」と訴えました。

IMG_4932.jpg

赤羽一嘉県代表(衆院議員)は、来年が統一地方選と参院選が続く決戦の年となることに言及し、「何が何でも勝ち抜く」と力説。高橋みつお党国際局次長(参院選予定候補=兵庫選挙区)は、「多様性あふれる兵庫の発展に尽くし、日本の未来を開きたい」と必勝の決意を表明しました。

IMG_4928.jpgIMG_4942.jpg

SDGs達成へ協力

岡井UNDP総裁補と懇談

IMG_4806.jpg

山口なつおは8日、衆院第1議員会館で、国連開発計画(UNDP)の岡井朝子総裁補・危機局長(国連事務次長補)と懇談し、国連の持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向け協力していくことを確認しました。これには遠山清彦国際委員長(衆院議員)、竹谷とし子女性局長(参院議員)が同席。

席上、山口は、公明党がSDGsの基本理念となる「人間の安全保障」を推進するため、党内に委員会を設置し、貧困や飢餓の撲滅、食品ロス削減などを進めている取り組みに触れ、「今後も党の地方議員と協力しながら、各地で推進していく」と強調。

IMG_4797.jpg

岡井総裁補は、「UNDPとしてSDGsの達成に全力を傾けている。日本の民間の活力をさらにSDGsに向けてもらいたい」と要望。これに対し、山口なつおは「党として全力でサポートしていく」と応じました。

また、山口は、来年に日本で開催される第7回アフリカ開発会議(TICAD7)について、「SDGsの理念を日本とアフリカ諸国で具体化できるかが大きな課題だ。アフリカ諸国との協力を一層深めていきたい」と語りました。

消費税対策 幅広く検討

需要変動の緩和 政府に提言へ

IMG_4789.jpg

山口なつおは8日午前、東京都新宿区の党本部で開かれた中央幹事会であいさつし、来年10月の消費税率10%への引き上げによる影響緩和策などについて、大要次のような見解を述べました。

【臨時国会の対応】

一、7日に2018年度補正予算が成立し、今後は重要法案の審議に入っていく。中でも、外国人労働者の受け入れ拡大に向け新たな在留資格を設ける出入国管理法改正案については、外国人材の人権を尊重しながら、日本社会との摩擦が起きないよう共生できる社会づくりが必要だ。国会で、さまざまな角度から議論を尽くしていきたい。

【消費税対策】

一、経済への影響を考えながら政策を実行することが必要だ。具体策の一つとして、消費税収の使い道を変更して幼児教育の無償化や高等教育への支援などを実行していく。また、軽減税率が円滑に実施されるよう、中小事業者への支援策をしっかり講じなければならない。

消費税率引き上げによる駆け込み需要と、その反動減対策では、消費が大きな変動を起こさないよう、幅広く施策を組み合わせることが必要だ。これら施策の方向性や組み合わせをよく検討して、政府に提言し、最終的に政府・与党で決定したい。

一、(需要平準化に向けた対策について)政府が検討する、住宅・自動車の購入支援や、キャッシュレス決済によるポイント還元は、幅広い層に効果が及ぶようにすべきだ。それでもカバーしきれない、特に所得の低い方々を中心とした層には、プレミアム付き商品券の検討もしたい。制度設計では、どのような方々を購入対象とし、割り増し分をどの程度にするかなどについて総合的に検討していきたい。

安倍首相、公明に謝意

IMG_4707.jpg

山口なつおは7日夕、2018年度補正予算の成立を受け、国会内で安倍晋三首相の表敬を受けました。

安倍首相は、山口と握手を交わし、「ありがとうございました」と補正予算の成立に向けた公明党の協力に謝意を述べました。

公明党側から魚住裕一郎参院会長、山本香苗参院副会長、西田実仁参院幹事長、谷合正明政策審議会長、石川博崇参院国会対策委員長ら、政府側から麻生太郎財務相、菅義偉官房長官らが同席しました。

プラスチック減らそう

IMG_4600.jpg

NGOなどから提言

山口なつおは6日、参院議員会館で党海ごみ対策推進委員会と党環境部会の合同会議に出席し、一般社団法人のグリーンピース・ジャパン、JEANなど15団体で構成された「減プラスチック社会を実現するNGOネットワーク」から、提言を受けました。

同提言は、海洋汚染などを防ぐため、環境省がプラスチックごみの拡大防止に向け策定中の「プラスチック資源循環戦略」に、使い捨てプラスチック使用量の大幅削減やレジ袋辞退率の向上などを盛り込むよう要請したもの。山口は「国際的な問題だ。要望を政策に生かしていきたい」と述べました。