鹿児島市内で街頭演説〜論戦通じ政策実現迫る〜

山口なつおは、2月28日、鹿児島県を訪問し、鹿児島市内で街頭演説を行った。街頭演説では「国会論戦の場で介護問題などで具体的に政府に迫り、政策実現へ一歩二歩と進めたい」と訴えた。成尾信春・党同県本部代表(県議)が参加した。

山口なつおは「政党は政策を実現するのが使命だ」と強調。全国3000人超の議員で実施した介護総点検を基に作成した「新・介護公明ビジョン」に対し、首相が強い関心を寄せたことなどに触れ、「野党であっても中身に説得力があれば(政府)与党もやらざるを得ない。政策がダメなところは批判する是々非々の対応で臨みたい」と力説した。

その一方で、首相や民主党幹部の「政治とカネ」の問題について「依然として十分な説明責任が果たされていない」と批判。その結果として、国会でも「景気・経済、雇用や外交、社会保障など山積する課題が議論の手前で足踏みしている」とし、政治不信払しょくのためにも説明責任を尽くすよう求めた。

また、公明党が再発防止のための協議機関の設置を各党に呼び掛けたことを報告。「二度と事件が起きないよう公明党が(議論を)引っ張って(防止策を)つくり上げたい」と決意を述べた。

霧島市内の総合福祉施設「みゆき苑」を訪問〜特別養護老人ホームで利用者と語り合う〜

山口なつおは、2月28日、鹿児島県霧島市内の社会福祉法人「豊生会」(熊丸日出生理事長)が運営する総合福祉施設「みゆき苑」を訪れ、施設内を視察するとともに、関係者と意見交換した。成尾信春、持冨八郎両県議、久保史郎霧島市議が同行した。

同苑は、特別養護老人ホームをはじめ、居宅介護支援、デイサービス、ケアハウスなどの複合施設。

山口なつおは、はじめに久良木万治施設長らの案内で特別養護老人ホームを視察。ショートステイを利用するお年寄りの一人は「(ここに来ると同世代の)仲間がいて張り合いが出る」と笑顔で語った。山口代表は「長生きしてください」と励ました。

その後の意見交換で熊丸理事長らは、介護従事者の報酬アップに関し「事務職も含めた形にしてほしい」と要望。さらに、公明党が「新・介護公明ビジョン」を首相に提言したことに対し「期待している」と語った。

視察後、山口なつおは「現場を見て、介護施設、在宅支援体制、介護労働力という三つの不足が課題になっているのを改めて実感した」と述べた。