公明党茨城県本部の機関紙購読推進長会に出席〜公明新聞で党勢拡大〜

山口なつおは公明党代表として、9月27日夜、党茨城県本部(石井啓一代表=衆院議員)の「機関紙購読推進長会」に出席し、あいさつした。

席上、山口なつおは、(1)立党の原点がある(2)約3000人の地方議員がいる(3)福祉や平和、環境、人権、教育、中小企業支援など他党にはない特色がある―の三つが公明党の”財産”だと指摘。「三つの財産を生かし、来年の参院選に勝利することが党再建の証しだ」と強調した。その上で、機関紙購読推進に向けて「議員と党員が一丸となって、全員野球で闘っていこう」と呼び掛けた。

一方、石井啓一議員は「党勢拡大の”武器”が公明新聞だ。しっかり拡大に取り組んでいきたい」と力説した。会合では足立寛作県機関紙購読推進長(県議)があいさつしたほか、党員の鳴沢敏夫さん、阿部洋子取手市議が購読推進の取り組みを元気に報告した。