党福井県本部の新春年賀フォーラムに出席〜国民の生命守る政治に〜

山口なつおは、1月11日、福井市内で開催された党県本部(石橋壮一郎代表=県議)の新春年賀フォーラムに出席し講演した。漆原良夫国会対策委員長、山本香苗、浮島とも子(参院選予定候補=比例区)の両参院議員も参加した。

フォーラムの中で山口なつおは、鳩山首相の政治姿勢について「国民は新しいバス(政権)に乗り換えたが、走行が安定せず、運転手もトンチンカンだ」と指摘。

その上で、鳩山政権による今年度補正予算の一部執行停止に言及。「”コンクリートから人へ”とうたいながら、学校耐震化予算を削減するなど、肝心の国民の命を守る政治にはなっていない」と鳩山政権の言行不一致を批判し、「公明党は国民の生命と幸せを守るために全力を尽くす」と訴えた。

漆原国対委員長は18日に開会する通常国会の対応について「(党首)討論から逃げ回っている首相を追及する」と強調。浮島さんは参院選勝利へ力強く決意を語った。

同フォーラムには、西川一誠知事ら多数の来賓が出席した。