党石川県本部の「新年の集い」に出席

山口なつおは、1月11日、金沢市内で開催された党石川県本部(庄源一代表=県議)主催の「新年の集い」に出席し、あいさつした。

これには、漆原国対委員長、荒木きよひろ(参院選予定候補=比例区)、魚住裕一郎の両党県本部顧問(ともに参院議員)らが、来賓として森喜朗元首相、谷本正憲知事らが出席した。

あいさつの中で山口なつおは、与党が発表した経済成長策に具体性がなく、前政権が発表していた内容と変わらないことを批判。また、「理屈だけで政治は進めることはできない」と述べ、「公明党は国民の信頼、期待を担って誠実に政治、政策を進めていく」と力説した。

荒木氏は「格差社会を是正し、暮らしの安心を実現する」と抱負を語った。