「経済成長の成果を分配」愛知県本部で

介護や子育て支援に/浜田、里見氏が決意

DSCN0804.JPG

山口なつおは1日、名古屋市で開催された党愛知県本部の新春賀詞交歓会に出席し、あいさつしました。

これには、伊藤渉県代表をはじめ、魚住裕一郎中部方面本部長、荒木清寛、浜田まさよし(参院選予定候補=比例区)の両中部方面副本部長、新妻秀規県副代表(いずれも参院議員)、里見りゅうじ党労働局次長(参院選予定候補=愛知選挙区)らが出席しました。

山口は、自公連立政権の経済政策によって、賃金上昇や、失業率の改善、有効求人倍率のアップ、国・地方の税収増など着実に成果が挙がっていることを紹介。その上で、「今後は、こうした経済成長の成果を『希望出生率1・8』『介護離職ゼロ』などの新たな政策によって、子育て支援や社会保障に分配していく」と強調しました。

また、「政治の安定こそが国民のための政策の実現につながる」として、「自公連立政権の結束力と安定力が問われるのが今夏の参院選挙だ」と述べ、公明党への支援を訴えました。

浜田氏は「これまで支援をいただいた真心に何としても応えていくため、皆さまの声を一つ一つ形にしていく」と抱負を述べ、里見氏は「24年半、厚生労働省で培った経験を国政に生かしていきたい」と力強く決意を訴えました。

このほか、賀詞交歓会では大村秀章愛知県知事、坪井明治・全国商店街振興組合連合会理事長らが出席し、あいさつしました。

DSCN0784.JPG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です