日中の絆よ万代に

「周恩来総理を偲ぶ回顧展」に出席

151120syuusouri2.JPG

日中の絆よ万代に続け――。山口なつおと遠山清彦国際局長(衆院議員)は20日、東京都文京区の日中友好会館美術館で開かれた「周恩来総理を偲ぶ回顧展」の開幕式に出席しました。

同展は中国国際文化交流センター、日中友好会館などが主催したもので、周総理直筆の書簡や総理にゆかりのある世界各国の著名人の題辞が公開されています。

あいさつに立った山口なつおは周総理について、「時間的、空間的に極めて大きなスケールで政治を見て人々を指導してきた。偉大な人徳に尊敬の念を抱いている」と紹介。周総理を思い浮かべるたびに、「日中の永続的な関係を自ら切り開き続けていこうと誓っている」と語り、「遺徳をしのび成果を受け継ぎ、さらに国際社会に貢献していきたい」と訴えました。

その後、山口代表と遠山氏は、周総理の甥の周爾均氏、中国の程永華駐日大使らと展示を見学。在りし日の周総理に思いをはせました。

151120syuusouri.JPG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です