地方創生へ知恵絞る

党総務部会が懇談会 政令市議との連携で

151129shiteitoshiJPG

山口なつおは19日、公明党総務部会(桝屋敬悟部会長=衆院議員)に出席。全国20政令市の党所属議員と意見交換する「指定都市まちづくり懇談会」を開き、地方創生の取り組みについて意見交換しました。

会合では、地方版総合戦略を今年度中に策定した地方自治体を対象とする「新型交付金」の事業のあり方で議論。一方、政府が検討を進める中央官庁などの地方移転に関して、政令市議からは地方と協議して検討すべきだとの意見が出ました。

山口は、地方創生の推進には各地域の観光資源や文化財などを生かす知恵が必要だとした上で、「公明党の地方議員と国会議員によるネットワークの力で進めていく」と訴えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です