青森県本部政経懇話会に出席〜防災・減災対策の推進も〜

青森県本部政経懇話会に出席〜防災・減災対策の推進も〜

山口なつおは、4月30日、青森市内で党青森県本部(伊吹信一代表=県議)が開催した政経懇話会に出席し、あいさつした。井上義久幹事長、渡辺孝男参院議員が同席した。
 
山口なつおは、政府が参加を表明している環太平洋連携協定(TPP)について「コメ農業など構造的に海外と太刀打ちできない分野は、打撃を被る恐れがある」と指摘。さらに、食料安全保障の観点や環境保全など農業の持つ多面的機能なども考慮した上で、TPPに参加した場合の利点と欠点を国民に情報開示し、国会で議論すべきだ、と力説した。
 
また、公明党が掲げる「防災・減災ニューディール」の推進で復興の加速とともに需要拡大によるデフレ脱却をめざしたい、と強調。その上で「公明党は、国民の思いにかなう政治の実現に全力を挙げる」と力強く訴えた。
 
井上幹事長は「道路や鉄道などの交通網、災害に強い河川、港湾整備に取り組み、東北再生のため、全力で働く」と決意を述べた。