議員の監督責任強化〜民主は法改正に応ぜよ〜

議員の監督責任強化〜民主は法改正に応ぜよ〜

山口なつおは、4月26日の中央幹事会であいさつし、東京地裁が小沢一郎民主党元代表に無罪の一審判決を言い渡したことについて、大要次のような見解を述べた。

一、小沢氏に対する一審判決が下ったが、一方で元秘書に対する一審の有罪判決もある。これらを考え合わせた時、小沢氏自身の道義的、政治的責任はなお残る。国会、国民に対して説明責任を果たすべきだと考える。

一、小沢氏の主張で「秘書がやったことであり自らは関わっていない」との発言も繰り返された。鳩山由紀夫元首相の「政治とカネ」をめぐる献金偽装問題でも「秘書がやった。自分は知らない」と言い、政治資金規正法上の責任を免れようとする姿はあるべき姿ではない。われわれは秘書らに対する議員の監督責任を強化する政治資金規正法の改正案を既に提出している。

一、この提案に対し、民主党は国会で積極的に応じてこなかった。(対応するような)言葉のみに終わっていた。これを機にきちんと制度化を図るため、真摯に法案成立に向けて議論すべきだとあらためて申し上げたい。