党埼玉県本部の新春賀詞交歓会に出席〜議会改革の先頭に立つ〜

党埼玉県本部の新春賀詞交歓会に出席〜議会改革の先頭に立つ〜

山口なつおは、1月24日、さいたま市内で開かれた党埼玉県本部(西田実仁代表=参院議員)の新春賀詞交歓会に出席し、4月の統一地方選勝利へ絶大な支援を呼び掛けた。西田県代表や長沢広明参院議員のほか、上田清司知事ら多数の来賓が参加した。

あいさつの中で山口なつおは、日本の政党の存在価値が問われているとした上で、政党政治には「地域に基盤をしっかり置き、国民生活に敏感な政党の力がなければならない」と強調した。

また、「地域住民から見て議員、議会が何をやっているのかという問い掛けが全国で起きつつある。だからこそ、公明党は積極的に議会改革を掲げ、提言をしてきた」と強調。

議会基本条例の制定やローカルマニフェスト(地域重点政策)策定などを強力に推め、公明党が地方議会改革の先頭に立つと訴えた。