国会内で定例記者会見〜党首討論での首相答弁は無責任〜

山口なつおは、3月31日午後、国会内で記者会見し、政府提出の児童扶養手当法改正案の対案を提出する方針を発表するとともに、同日行われた鳩山由紀夫首相との党首討論について見解を述べた。

山口なつおは、政府提出の同改正案について、児童を連れて離婚係争中のDV(配偶者などからの暴力)被害者や、児童を扶養している年金受給者の祖父母に手当が支給されない問題点を指摘し、公明党案では支給を認める考えを表明した。

さらに、政府が家庭の自立を促すとして法案に盛り込んだ一定期間経過後の支給制限についても、「今の厳しい経済状況のもとで自立の環境は極めて厳しい」と述べ、公明党案では制限規定を削除する方針を明らかにした。

一方、党首討論については、「首相の答弁が私の質問にかみ合っていない。おしゃべりを続けて貴重な時間を浪費した。責任ある答弁になっていない」と批判。

山口なつおの追及に「反省している」と応じた首相の今後の政権運営に対しては、「具体的な対応をすべきと私の方から申し上げた。どういう対応をするかきちんと見極めたい」と強調した。

鳩山政権が沖縄の米軍普天間飛行場の移設問題を5月末までに決着できなかった場合の対応については「首相の対応をしっかり見た上でこちらも考えたい」と述べた。