大分県内の介護福祉施設の関係者らとの懇談会に出席〜処遇改善、防火対策を〜

山口なつおは、3月14日、大分県別府市内で、地元の介護福祉施設の関係者らとの懇談会に出席し、介護現場の課題などについて意見交換した。竹中万寿夫党県代表(県議)らが同席した。

席上、山口なつおは公明党の「介護総点検」で寄せられた約10万件の現場の声を踏まえ「新・介護公明ビジョン」をまとめたことを報告。「政府・与党に政策実現を迫り、皆さまのご協力に恩返ししたい」と語った。

懇談の中で、別府市民間社会福祉施設連絡会の安森盛男会長らは「介護職だけでなく、看護士など施設で働く人にも処遇改善の対象拡大を」「(防火対策として)小規模多機能型居宅介護施設にもスプリンクラーの設置義務付けを」などと要望した。

社会福祉法人「豊心会」の溝部洋理事長は、公明の介護提言のうち、「介護職員の配置基準を現行の3対1から2対1に手厚くする」ことに関し、「介護職員が、県が行う介護研修を受けられないのが現状だ。(提言は)もっともな意見」と実現に期待を寄せた。

これに対し、山口なつおは「貴重な意見をいただいた」と今後の国会論戦に生かす考えを示した。