宮崎県内の農道整備状況を視察〜事業仕分けの農道整備「廃止」に懸念〜

山口なつおは、1月7日、農道整備の実情を探るため、宮崎県清武町の現場を調査、行政関係者や現地住民と意見交換した。あきの公造党青年局次長(参院選予定候補=比例区)、新見昌安党県代表(県議)、黒木正敏町議が同行した。

農道整備事業は、政府の事業仕分けでの「廃止」判定を受け、来年度予算案で廃止。継続事業分は新たな交付金が充てられるが、予算確保は不透明だ。

山口なつおは、2011年の完成に向け、農道整備が進む同町北今泉地区を訪問。川を隔てて対岸の船引地区を結ぶ橋の建設現場前で説明を受けた。県担当者は「県内14の農道整備事業のうち、11事業が来年度(2010年度)以降も事業が残る。(新交付金で)十分な予算確保のメドが分からず、工事の遅れなど心配だ」と懸念を示した。

地元住民との懇談では橋の建設を求める声が相次いだ。

両地区で農地を所有する崎田善彦さん(68)は「この地域は雪が降らないので年間通じて作物ができ、農作物の生産性が高い」とした上で、「国は自給率を上げろと言うが、肝心の農道の橋(の建設)をストップしたら(生産性向上の面から)大変だ」と現政権の矛盾した対応に疑念を呈した。

山口なつおは「皆さんの声をしっかり国に届けたい」と語った。