党滋賀県本部の新春年賀会に出席

山口なつおは、1月31日夜、滋賀県大津市内で開かれた党滋賀県本部(梅村正県代表=県議)の新春年賀会に、浮島とも子参院議員(参院選予定候補=比例区)らとともに出席した。

席上、山口なつおは、新卒者の就職内定率が大学生で7割、高校生で6割台にとどまっている現状に触れながら、「経済・景気・雇用情勢の改善へ、(政権に対し)賛成すべきは賛成し、足らざれば具体的手立てを提案していく」と語った。

浮島参院議員は、「子どもの心を育てる体験活動の充実に取り組む」と決意を述べた。同年賀会には、嘉田由紀子知事ら多数の来賓が参加した。

党岡山県本部の「新春のつどい」に出席〜「政治とカネ」再発防止をリード〜

山口なつおは、1月31日、岡山市内で開かれた党岡山県本部(景山貢明県代表=県議)の「新春のつどい」に出席し、あいさつした。斉藤鉄夫政務調査会長、谷あい正明青年委員長(参院選予定候補=比例区)、山本博司の両参院議員、来賓として石井正弘・岡山県知事らも出席した。

あいさつの中で山口なつおは、「政治とカネ」の問題の再発防止策に関して「(秘書・会計責任者の不正は)監督責任を怠った政治家の責任であるとの観点から、公明党はどの党よりも早く、公民権の停止を含む政治資金規正法改正案を国会に提出した。(法改正への賛否は)政治家や政党の(再発防止への)”本気度”を問うリトマス試験紙だ」と強調した。

また、来年度予算案への対応について「緊急的な補正予算とは違い、本予算は政権の政治姿勢(を示すものだ)。心もとない経済運営が続いており、課題点をえぐり出していきたい」と述べた。

谷あい氏は「政治を庶民に取り戻すため、断じて参院選に勝利する」と決意を表明した。

党茨城県本部の「新春の集い」に出席〜景気対策 切れ目なく〜

山口なつおは、1月30日、茨城県水戸市で盛大に開かれた党茨城県本部(石井啓一代表=衆院議員)の「新春の集い」に出席し、夏の参院選勝利へ全力を挙げて取り組む決意を表明し、さらなる支援を呼び掛けた。石井県代表、西田まこと参院議員(参院選予定候補)も出席し、あいさつした。

席上、山口なつおは、国民が公明党に抱いている福祉、教育、平和などのイメージを「もっと鮮明にしていきたい」と力説。介護や雇用の総点検運動などの成果を生かし、論戦を展開する考えを示した。

また、鳩山政権に対しては「提言と厳しい批判、是々非々の姿勢で臨む」と強調。特に「政治とカネ」の問題については「秘書がやったことだから、自分(政治家)は知らないと逃げているのが実態だ。それを逃がさないよう監督責任を問う(公明党提出の)政治資金規正法改正案を実現したい」と述べた。

一方、景気・経済対策については、経済情勢の緊急性を踏まえて公明党も賛成し、2009年度第2次補正予算が成立したことに触れ、「(景気対策が)息切れしないよう、建設的に提言すべきは提言する」と述べた。

会合には、橋本昌県知事ら各界から多数の来賓が出席した。

東京都歯科医師連盟の「躍進の集い」に出席〜高額療養費の制度改善をめざす〜

山口なつおは、1月28日、公明党代表として、都内で開かれた東京都歯科医師連盟(大曽根正史会長)の「躍進の集い」に出席し、あいさつした。これには都議会公明党の代表者も出席した。

あいさつの席上、山口なつおは、高額の医療費負担に上限額を設ける高額療養費制度について、今月27日の参院予算委員会で「同一診療機関でも、歯科と他の診療科の医療費が合算できない欠点を指摘した」と強調。同制度の改善に公明党として全力を挙げる考えを示した。

第2次補正予算の成立を受け記者団の質問に答える〜第2次補正予算 速やかに執行すべき〜

山口なつおは、1月28日夕、2009年度第2次補正予算が成立したことを受け、国会内で記者団に対し、大要次のような見解を述べた。

一、緊急性のある内容を鑑み、公明党として賛成の決断をした。速やかに執行し、国民の各層、自治体の要望に応える運用をしてもらいたい。

一、(審議では「政治とカネ」に関する議論が多かったことについて)与党側が引き起こしたことで、非常に残念だ。与党側に、限られた時間で(補正予算の内容と「政治とカネ」の議論を)両立させる努力が欠けていたのではないか。

一、与党第1党の党首(首相)と幹事長らに疑惑があり、まずは本人の政治責任、説明責任(が問われる)。さらに所属政党の自浄能力、国会の自浄作用の発揮が求められており、野党の立場から指摘すべきは指摘したい。全容解明した上で、再発防止策をつくり上げるのが国会の使命だ。公明党は具体策を提案しており、実りある成果を出したい。

一、(来年度予算案の審議について)政権の経済成長戦略に対する取り組みが今の本予算案の中では十分でない。国債発行の多寡や財政再建の在り方、不完全な公約実現など、指摘すべきことは数多い。幅広く深く議論していきたい。政権への姿勢が問われるので、補正予算とは違った観点での議論が必要だ。

中国人民対外友好協会の友好都市事業代表団の表敬を受ける〜上海万博の成功に期待〜

山口なつおは、1月27日、国会内で中国人民対外友好協会の友好都市事業代表団(団長=李小林・同協会副会長)の表敬を受け、和やかに懇談した。

浮島とも子、わにぶち洋子の両参院議員(いずれも参院選予定候補=比例区)も同席した。李団長の実父は、中国の元国家主席、故・李先念氏。

席上、李団長は今年(2010年)5月に開かれる上海万博の成功に向け、「民間レベルで多方面な交流活動を中日間で行いたい」と強調。

山口なつおは「上海万博は北京五輪に続く国際的な大行事。中国の発展、実力を世界に示す機会であり、日本人も楽しみにしている。両国の友好がさらに深く、強くなる重要な機会と期待している」と述べた。

参院予算委員会 2009年度第2次補正予算案基本的質疑〜政府は現場の声に応えよ〜

山口なつおは、1月27日、鳩山由紀夫首相と全閣僚が出席して開かれた参院予算委員会の2009年度第2次補正予算案の基本的質疑で質問に立った。沖縄の米軍普天間飛行場の移設問題をはじめ、雇用対策や医療・介護問題などについて、党独自の調査結果を踏まえ、政策提言を交えながら政府の見解をただした。 

質疑要旨は以下の通り。

最悪の就職内定率、介護施設足りない
山口なつおは、高額の医療費負担に上限額を設ける高額療養費制度の改善を主張。世帯で合算して医療費負担の上限を算定する際に、70歳未満の場合、世帯員それぞれの1回の医療費が2万1000円を超えないと合算できない点について「高額だからこそ上限を決めている。なぜ1回当たりの医療費が2万1000円を超えないとダメなのか」と訴えた。さらに、「月をまたぐと合算できない」「同じ医療機関でも外来と入院は別計算」などの問題点も列挙し改善を求めた。

長妻昭厚生労働相は「運用改善が可能か検討したい。一つの病院で科が別だと合算できないので、今年の4月から改善する」と答弁。鳩山首相は、制度改善について「できるだけ早く前向きな結論が出るよう検討したい」と述べた。

小規模多機能 居宅介護事業の拡大が必要
また、山口代表は、在宅介護を行う家族が休息を取るためのレスパイトケア事業の拡大や介護職員の処遇改善を強く主張。さらに、通所や訪問介護、ショートステイを組み合わせてサービスを提供する小規模多機能居宅介護事業について、「いいサービスだが普及していない」として、事業の拡大を訴えた。

雇用総点検踏まえ提言
一方、山口代表は、公明党が昨年12月に実施した「若者の雇用 緊急一斉総点検」に言及し、今春卒業予定の大学生の内定率が過去最悪になっていることを指摘。その上で、中小企業の有効求人倍率は大企業と比べて高く、求人と求職のミスマッチが起きているとして、「(求人情報などを掲載する)中小企業就活応援ナビといったものをつくり、ミスマッチを解消する支援策が必要」と訴えた。

訓練・生活支援給付の拡充
公明党が推進した「訓練・生活支援給付金」制度については、未就職新卒者にも対象を拡大するよう主張。長妻厚労相は「今回から新卒者にも適用させていただく」と答えた。

ジョブカフェと大学の連携
また山口なつおは、広島県が未就職高卒者を対象に、最長1年間の就業体験を通じて技能習得や正規雇用をめざす事業を始めることを紹介。「広島県のような取り組みを全国で実施できるように支援する必要があるのではないか」と迫った。さらに、大学などの教育機関に対し、若者の就労支援拠点である「ジョブカフェ」が持つ技術や知識を提供するなど、連携を強めていく必要性を訴えた。

参院予算委員会で質問に立つ〜非核三原則の徹底を 時事通信社が報じる〜

山口なつおは、1月27日午後、参院予算委員会における平成21年度第二次補正予算審議で質問に立った。

質問の中で山口なつおは、「非核三原則」を今後も堅持していくことを主張し、鳩山総理から『持ち込ませず』を含め、これからも周知徹底していく。すなわち、三原則を守っていく」という答弁を引き出した。

この質問は、時事通信社のウェブ版ニュースでも速報で取り上げられた。

崔天凱駐日大使の離任レセプションに出席

山口なつおは、1月26日夜、都内で開かれた中国の崔天凱駐日大使の離任レセプションに出席した。レセプションでは、崔大使をねぎらい握手するとともに、外務次官としての今後の活躍に期待を寄せた。

崔氏は2007年10月から駐日大使に着任。在任期間中は中国製冷凍ギョーザ中毒事件などの日中間の懸案への対応や胡錦濤国家主席の訪日準備などにあたった。

崔氏の後任には、駐韓国大使の程永華氏が起用される。

BSフジの番組「プライムニュース」に出演〜国民のための政策提言〜

山口なつおは、1月26日夜、BSフジの番組に出演し、当面する政治課題や通常国会での対応などについて見解を述べた。

山口なつおは、民主党が容疑者の取り調べ過程を録画して可視化する法案を提出しようとしていることや、「党捜査情報の漏洩問題対策チーム」を発足させたことについて、「(疑惑解明に)逆行している。検察の動きをけん制するように見えてしまう」と指摘。「(政治とカネをめぐる)事案の解明に努力しているという姿勢を政党として示さなければ、国民は納得できない」と強調した。

また、2010年度予算案について、「本予算は政権の姿勢そのものだから、直ちに賛同はできない」と強調。子ども手当など恒久的制度の創設が、全体の政策の中でバランスが取れているかどうかなど、徹底的に審議をしていくと訴えた。

また、永住外国人への地方選挙権付与法案に関して、必要であるとの立場を示した上で、「国民の幅広い理解を得て結論を出す必要がある」と強調。鳩山政権が決めたガソリン税などの暫定税率の実質維持については「公約違反だ。納税者に対する説明は十分でない」と批判した。

参院選に向けた党勢拡大については「国民のため実直に政策を発掘し提言、実現する姿を見せていきたい」と述べ、全国3000人超の国会・地方議員のチーム力を生かすと強調した。