関西経済連合会など3団体を表敬訪問〜経済活性化へ役割果たす〜

山口なつおは、10月5日、公明党代表として、関西経済連合会(関経連、下妻博会長)、関西経済同友会(中野健二郎、山中諄代表幹事)、大阪商工会議所(野村明雄会頭)をそれぞれ表敬訪問し、代表就任のあいさつをした。白浜一良大阪府本部顧問(党副代表、参院議員)、佐藤茂樹同代表(衆院議員)も同席した。

このうち関経連で山口なつおは「公明党は皆さまのご指導を賜りながら、3000人の議員の結束力を生かし、しっかり役割を果たしていきたい」とあいさつ。応対した奥田真弥専務理事らは、日本経済の先行きや、2009年度補正予算の執行停止などを進める鳩山政権の動きへの懸念を示し、「的確な対応を」と期待を寄せた。

また、山口なつおは、関西経済同友会であいさつした後、大阪商工会議所を訪問。野村会頭は、公明党が推進した経済対策により「これまでの中小企業の資金繰りがうまく続いた」とし、「当面は資金繰りを中心に中小企業のピンチを助けていただき、従来の政策を続けてほしい」と要請。また「今のうちに成長戦略をはっきり出していただかないと先行きは暗い」とも指摘した。

これに対し山口なつおは「(政府に対し)闘う野党として言うべきことは言う」と応じた。