生活排水問題検討委員会 排水行政の実態探る

山口なつおは、公明党生活排水問題検討委員会の委員長として5月26日、衆院第1議員会館で3回目の会合を開き、国土交通省と環境省から現状報告を受けたのちに、財団法人日本環境整備教育センターの大森英昭理事から排水行政の現状について話しを聞いた。

国交省からは下水道事業について、環境省からは浄化槽処理水の水質などについて説明を受け、大森理事からは経験に基づいた全国各地の下水道事業や浄化槽事業の実態や、排水処理事業にまつわる不合理な行政実態などについて説明を受け、意見交換した。