イラクのマーリキー首相と会談

山口なつおは、公明党の太田昭宏代表とともに、4月9日(2007年)夕、都内で、日本政府の招きで初来日したイラクのマーリキー首相と会談し、日本のイラク支援やイラク情勢について話し合いました。

マーリキー首相は、イラクと日本の関係強化について、与党間や民間団体間、国民同士の関係強化の重要性を指摘。公明党は両国関係の促進に貢献していると述べ、両国の友好的雰囲気をさらに発展させたいとの希望を語りました。  また、マーリキー首相はイラクの治安について「多くの分野で治安の改善は達成させつつあるが、まだ時間が必要だ」と説明し ました。

今後の日本の支援についてマーリキー首相は「この機会にイラク政府として、自衛隊が治安維持、復興、人道支援に活動を継続することを希望する」と述べ、特に雇用創出への期待を表明し、また、国際貢献に対する公明党の姿勢を高く評価いたしました。