三宅島の再生へ力強い足音 観光復興へ全力で応援

7月21日、山口なつおは都議会公明党のメンバーらとともに、伊豆諸島・三宅島(東京都三宅村)を訪れ、帰島した住民の暮らしや観光をはじめとする島の産業の状況を視察しました。  あわせて、観光復興に向けた「よみがえれ三宅島!」(主催=よみがえれ三宅島実行委員会)の式典に参加しました。

本年(2005年)5月から正式に観光客の受け入れを開始した三宅島では、島の観光資源である自然の再生や保護対策が喫緊の課題となっています。同実行委員会では、夏の観光シーズンへ、三宅島への観光客誘致拡大をめざす狙いからこの日のイベントを企画したとのことです。式典は、地元島民ら約500人が出席し盛大に開催され、一行は、大漁を祝う餅まきや、大漁旗を立てた漁船が勢いよく出港する様子などを見守っていました。