後世から「輝かしい日本をもたらした」といわれる年に

掲載記事2016年01月06日 (水曜日)

0390_001 - バージョン 3.jpg

慰安婦問題で日韓合意〜両政府は着実に実行を〜

読者のみなさま、あらためて新年おめでとうございます。今年もズバッといきます。よろしくお願いいたします。

通常国会が4日、召集された。いきなりエンジン全開で、立ち上がりの早い仕事始めとなった。

一方、昨年末は、クリスマスの後が週末と重なり、余裕がある仕事納めになったのではないか。日ごろから家庭を空けっ放しの私は、せめてもの罪滅ぼしに、男手のいる家事を精いっぱい引き受けた。「家庭の幸福は妻への降伏」と言う。

例年、障子の張替えは手間のかかる仕事だ。障子に水をかけて紙をはがし、桟まで雑巾できれいに拭いて干し、乾いたところでノリを塗って障子紙を貼る。ノリが乾いたら端をきれいに切りそろえて、紙に霧吹きをして乾かすと、ピンと張って出来上がりとなる。これを数枚繰り返すと、ほぼ半日仕事となった。

普段、マイクぐらいしか握らない手に、雑巾とタワシに持って奮闘したため、後から筋肉痛が襲ってきた。

さて、仕事納めの28日、岸田文雄外相が訪韓し、慰安婦問題で日韓の合意を結んだ。女性の名誉と尊厳を傷つけた問題に、安倍晋三首相は心からおわびと反省の気持ちを表明した。

日本政府は、韓国政府がつくる支援事業を行う財団に10億円ほどの拠出をする予算措置をとり、協力して取り組む。これらをもって「最終的、不可逆的な解決とする」と確認した。画期的合意であり、これを着実に実行することが両国政府に求められる。

今年は申(さる)年だ。過去に申年は、現代にも影響する大きな出来事か起きている。1872年の富岡製糸場操業開始や、96年のアテネ第1回夏季五輪、1951年の国際連合加盟などだ。富岡製糸場は今日の経済大国を築き、多数のノーベル賞受賞者を出す出発点となった。

昨年末、日本が初めて113番目の元素を発見したことが認められ、国際機関から「命名権」を与えられた。基礎科学の厚みは日本の経済成長、競争力を生み出す源泉になる。

アテネ以来、五輪は「平和の祭典」であるとともに、「経済成長の牽引(けんいん)力」になってきた。2018年の平昌(ピョンチャン)冬季、20年の東京夏季、22年の北京冬季と続く、五輪とパラリンピックを、平和と成長の好機にしたい。

今年は国連加盟から60年目となる。実は1920年、国際連盟に加入したのも申年だったが、後に脱退して国際的孤立を招いた。その反省から戦後の平和国家への歩みが定着した。

今年は、国連安保理非常任理事国入り、日中韓首脳会談の日本開催、伊勢志摩サミットなど外交の年になる。また、7月には「18歳選挙権」が実施される参院選が行われる。後世振り返って、「あの申年が今日の輝かしい日本をもたらした」といわれる年にしたい。(公明党代表)

【2016年1月6日(5日発行)夕刊フジ掲載】

↑ページ上部へ戻る